広告

PC ubuntu Windows

使用しなくなったWindows Vistaにubuntuを入れた

調子が悪くてずっと使用していないWindows Vista(ノートPC)があったのですがVista自体とっくにサポートも終わっていることもありubuntuをインストールしてみました。

Ubuntuとは

今回は別のPC(Windows7)からubuntu用にUSBメモリーに書き込み、それをVistaにインストールすることにしました。

VistaがCD-Rを読み込めなくなっておりUSBフラッシュメモリーからインストールすることにしました。

UbuntuのISOイメージをダウンロード、そしてUSBメモリーをフォーマット。

USBメモリーに書き込むためにソフトをダウンロード。

Universal USB Installerというソフトにしました。

UbuntuをUSBでインストール

ソフトを立ち上げて「ubuntu」を選択、BrowsでダウンロードしておいたUbuntu(ubuntu-ja-15.10-desktop-amd64.iso)を選択、書き込み先のUSBメモリーを選択します。

※注意 Show All Driveってとこはチェックは入れてはいけない。入れるとそのPC自体のドライブを選択できるようになってしまうので間違えてそのPC自体にインストールしてしまう恐れあり。

これでUbuntu用のUSBが出来上がったのでVistaをubuntuに変えようと思います。

VistaにUSBを差しこみ、起動するときにF12を連打して立ち上げる優先順位をUSBにします。

ubuntuの起動画面でどれで起動するか選択するようになります。

今回はVistaやPC内のデータに必要なものはないので「 Install Ubuntu」しました。

※注意 ブートやPCのデータが必要な方はInstall Ubuntuすると全部消えてしまうので注意が必要です。

-PC, ubuntu, Windows
-, , ,